映像・音響室(5F)

Audio and Visual Room in 5th Floor

ご利用案内

映像・音響室 休室のお知らせ

休室期間:令和3年3月16日(火)~3月19日(金)

新規資料受入・整理点検作業のため、5階映像・音響室は、上記期間を休室とさせていただきます。
7階・6階常設展示室、4階図書室、1階「懐かしのニュースシアター」は平常通りご利用いただけます。

閲覧席数 14席
閲覧席数 14席

映像・音響室では、戦中・戦後の人々の「暮らし」を主とした記録写真や映像、SPレコードの音声など、様々な資料を14台のタッチパネル式検索画面から簡単に呼び出して視聴することができます。

映像・音響室のご利用にあたって
  • 個人の方への資料貸出や画面出力(写真コピー等)のサービスは行っていません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影、録音は固くお断りします。

【骨伝導ヘッドホンの利用が可能になりました】
音声など聞き取りにくい方に、骨伝導ヘッドホンを用意しました。ご利用希望の方は、カウンターへお申し出ください。

複製原画展 「山田風太郎の八月十五日」

当館2階ひろばで開催中の写真展「マンガ 『風太郎不戦日記』を通して知る戦時下のくらし」に関連して、5階ギャラリーでは作家 山田風太郎の昭和20年8月15日を、『風太郎不戦日記』で勝田文さんが描いた原画の複製と、原作となった『新装版 戦中派不戦日記』(講談社,2002.12)の記録からご紹介します。玉音放送を通じて終戦を知った風太郎のこの日の様子や心情がつづられています。
この機会にぜひご覧ください。

【会 期】令和3年3月20日(土)~5月9日(日)
【協 力】講談社
【入場料】無料

皆様のご来場をお待ちしております

調べてみよう 昭和館の収蔵資料

※現在利用休止中です

常設展示室6階でしか閲覧できなかった「調べてみよう 昭和館の収蔵資料」が5階映像・音響室でも閲覧できるようになりました。昭和館で収蔵しているさまざまな資料を、専用パソコンより検索してご覧頂けます。

歴史的音源コーナー

※現在利用休止中です

「歴史的音源」とは、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された、音楽・演説等の音源です。

オーラルヒストリー

オーラルヒストリーは戦前から戦後の体験談を収録した映像です。

オーラルヒストリー作品一覧

先頭へ