映像・音響室(5F)

Audio and Visual Room in 5th Floor

ご利用案内

閲覧席数 14席
閲覧席数 14席

映像・音響室では、戦中・戦後の人々の「暮らし」を主とした記録写真や映像、SPレコードの音声など、様々な資料を14台のタッチパネル式検索画面から簡単に呼び出して視聴することができます。

映像・音響室のご利用にあたって
  • 個人の方への資料貸出や画面出力(写真コピー等)のサービスは行っていません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影、録音は固くお断りします。

【骨伝導ヘッドホンの利用が可能になりました】
音声など聞き取りにくい方に、骨伝導ヘッドホンを用意しました。ご利用希望の方は、カウンターへお申し出ください。

古関裕而と福島三羽烏
朝ドラの主人公のモデルである作曲家・古関裕而さんの音楽が収録されたSPレコードや歌詞カードを展示しております。また、古関さんの長男・古関正裕さんのオーラルヒストリー(証言映像)もご覧いただけます。
ぜひ御来館ください!!
調べてみよう 昭和館の収蔵資料

常設展示室6階でしか閲覧できなかった「調べてみよう 昭和館の収蔵資料」が5階映像・音響室でも閲覧できるようになりました。昭和館で収蔵しているさまざまな資料を、専用パソコンより検索してご覧頂けます。

歴史的音源コーナー

「歴史的音源」とは、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された、音楽・演説等の音源です。

オーラルヒストリー

オーラルヒストリーは戦前から戦後の体験談を収録した映像です。

オーラルヒストリー作品一覧

先頭へ