図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 22席
閲覧席数 22席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、利用カードと一緒にカウンターに請求してください。
  • 閉架資料を利用する際には、利用カードが必要となります。「利用申込書」を記入し、カウンターにお出しください。利用カードを発行しますので、次回閉架資料をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1日に最大10冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロ・2色コピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。


図書室からのお知らせ

【追悼 鴨下信一さん】(関連図書)

【追悼 鴨下信一さん】

昭和10年(1935)、東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。
鴨下さんは東京大学卒業後、ラジオ東京(現・TBSホールディングス)に入社し、「岸辺のアルバム」や「ふぞろいの林檎たち」など、数々の人気ドラマの演出を手がけました。
著書『誰も「戦後」を覚えていない』シリーズ(全3冊)では、戦後の世相や風俗を独自の視点で振り返り、本書ではシベリア抑留された父親や、縁故疎開の思い出について述べられています。

詳細はブログでご覧ください。


【資料紹介 浪花千栄子と二代目渋谷天外】

【資料紹介 浪花千栄子と二代目渋谷天外】

「大阪のお母さん」として親しまれた女優、浪花千栄子と「松竹新喜劇」で活躍した二代目渋谷天外の関連資料を紹介します。

詳細はブログでご覧ください。


【資料紹介「アトムデビュー70周年 手塚治虫と鉄腕アトム」/「手塚治虫と漫画」】(ガラスケース展示)

【資料紹介「アトムデビュー70周年 手塚治虫と鉄腕アトム」/「手塚治虫と漫画」】

ガラスケース展示「アトムデビュー70周年 手塚治虫と鉄腕アトム」と、ブックトラック資料紹介「手塚治虫と漫画」を行っています。

詳細はブログでご覧ください。

【資料紹介「アトムデビュー70周年 手塚治虫と鉄腕アトム」/「手塚治虫と漫画」】(ブックトラック資料紹介)

【ハングオール資料紹介 昭和の化粧】(4階図書室)

【ハングオール資料紹介 昭和の化粧】

4階図書室内のハングオールでは、1階資料公開コーナー「昭和の化粧」の関連本を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】(15番書架)

【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

15番書架では、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「石川県の戦中・戦後」を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


【追悼 坂本スミ子さん】(関連図書)

【追悼 坂本スミ子さん】

昭和11年(1936)、大阪市生まれ。
高校卒業後、ラテン歌手としてデビュー。NHKの人気番組「夢で逢いましょう」の主題歌を担当し注目されました。
俳優としても活躍し、昭和58年(1983)にカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた映画「楢山節考」などにも出演しました。
本書p402では、国民学校3年生だった坂本さんが終戦直後に体験した日々の生活に関するエピソードが紹介されています。

詳細はブログでご覧ください。


資料紹介『正チャンの冒険』(関連図書)

【資料紹介『正チャンの冒険』】

画・樺島勝一 作・織田小星

勇敢な少年「正チャン」と、おともの小りすが時空を超えたさまざまな「おとぎの国」を旅する物語です。大正12年(1923)より雑誌『アサヒグラフ』で連載されました。日本で初めてふきだしを用いた漫画と言われています。
現在放送中の連続テレビ小説『おちょやん』では、主人公が初舞台で正チャン役を演じています。

詳細はブログでご覧ください。


資料紹介『戦中派不戦日記』

【資料紹介『戦中派不戦日記』】

昭和館の監修で、山田風太郎の『戦中派不戦日記』がマンガになりました。
4階図書室では、原作本とあわせて紹介しています。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

「ぶらりらいぶらりぃ No.241」(2021年1月20日発行)  (PDF:410.16 KB)


おもて面:現在の東京都紋章が戦前から採用されていたようだが、本当に同じ紋章なのか経緯を知りたい。
     昭和20年(1945)あたりに発行された資料をもとに確認したい。
う ら面:婦人子供専用車の登場




先頭へ