図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 30席
閲覧席数 30席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、カウンター前の記帳台で「利用申込書」を記入し、「請求票」と一緒にカウンターに請求してください。利用カードを発行しますので、次回閉架図書をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1度に10冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロコピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。


図書室からのお知らせ

【資料紹介『過去六年間を顧みて かこさとし 小学校卒業のときの絵日記』】

「だるまちゃん」シリーズや「からすのパンやさん」などで親しまれた、絵本作家のかこさとしさん(1926~2018)は福井県武生(現 越前市)に生まれました。
この本は、昭和13年(1938)の小学校卒業時に担任の先生から小学生時代をまとめる作文を書くように言われ、かこさんが描いた絵日記を後年まとめたものです。当時の思い出の聞き書きも収録されています。
ぜひ、お手にとってご覧ください。


【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

15 番書架で、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「栃木県の戦中・戦後」をご覧いただけます。


【ハングオール資料紹介】

図書室内のハングオールでは、昭和のこどもたちが書いた作文集・関連図書を紹介しています。
ぜひ、お手にとってご覧ください。


【追悼 降旗康男さん】

昭和9年(1934)、長野県松本市 生まれ。
降旗さんは「駅STATION」や「鉄道員」の監督として知られています。平成13年には高倉健主演で「ホタル」という元特攻兵の戦後を描いた作品を発表しています。
本書には、降旗さんが子どもの頃に特攻隊員から言われた忘れられないひと言や、戦争に対しての思いが語られています。


【資料紹介 戦災孤児】

15番書架では、戦災孤児に関する資料を紹介しています。
ぜひ、お手にとってご覧ください。


【追悼 原広司さん】

広島市出身の原さんは、終戦時は県立広島工業高校1年生で13歳でした。
1945年8月6日の原爆投下時は親戚宅におり、翌日入市し被爆。作業に従事していた同窓生らは全員が犠牲になりました。
後年、原さんは原爆ドームを描き続け惨状を語り継ぐことに力を入れてきました。
ぜひ、お手にとってお読みください。


【追悼 吉沢久子さん】

大正7年(1918)、東京生まれ。
家庭生活においての工夫や技術に関する原稿を数多く執筆し、「家事評論家」と呼ばれました。
本書は、昭和19年11月から昭和20年8月にかけて、当時27歳だった吉沢さんが戦時下の東京での暮らしをつづった日記です。
ぜひお手にとって、お読みください。


【追悼 上野紀子さん】

絵本作家の上野さんは、『ねずみくんのチョッキ』など、代表作「ねずみくん」シリーズを執筆されました。
あまんきみこさん作・絵本『ちいちゃんのかげおくり』では作中の絵を担当し、主人公のちいちゃんを通して戦争の悲惨さを伝えています。
ぜひ、お手にとってご覧ください。


【追悼 安藤士さん】

彫刻家である安藤さんは、渋谷駅前にある「忠犬ハチ公像」を制作しました。現在のハチ公像は二代目で、初代は安藤さんの父親である照(てる)さんが制作しました。
5階では、忠犬ハチ公像の制作体験や出征体験について語っている安藤さんのオーラルヒストリーを視聴することができます。ぜひご利用ください。


【追悼 ドナルド・キーンさん】

1922年ニューヨーク生まれ。日本文学者。
アメリカ海軍の学校で日本語を学び、戦時中は海軍の情報将校としてアッツ島や沖縄などに従軍し、日本人捕虜の通訳や翻訳にあたりました。
東日本大震災をきっかけに、日本国籍を取得し永住しました。
本書は終戦後、キーンさんを始めアジア太平洋地域に残った若き米軍将校九人の手紙を集めた書簡集です。
ぜひ、お手にとってお読みください。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 佐藤安太さん】

タカラトミー創業者である佐藤さんの関連図書『おもちゃの王様が語る おもちゃの昭和史』と『おもちゃの王様 佐藤安太物語』を紹介しています。
5階 映像・音響室 では、オーラルヒストリー「郡山空襲で助かった命平和への願い~佐藤安太さんの体験談~」をご覧いただけます。ぜひ、ご利用ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介 映画「あの日のオルガン」原作】

原作のもととなった保母さんと子どもたちの記録『君たちは忘れない 疎開保育園物語』と、モデルとなった疎開保育園の物語『けんちゃんとトシせんせい』を紹介しています。
ぜひ、お手にとってご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介 戦艦「比叡」関連資料】

第二次世界大戦中の昭和17年(1942)11月にソロモン諸島沖で沈んだ旧日本海軍の戦艦「比叡」がアメリカの調査チームによって発見されました。
「比叡」はソロモン諸島のガダルカナル島をめぐる戦いで連合国軍の攻撃を受けて航行不能となり、みずから船内に水を入れて沈んだとされています。
図書室では、関連図書2 冊を紹介しています。ぜひ、お手にとってご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介 オリンピック特集】

図書室では、金栗四三さんと田畑政治さんの関連図書を紹介しています。
ぜひ、お手にとってお読みください。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

ぶらりらいぶらりぃ No.221 2019年4月20日発行  (PDF:525.59 KB)




先頭へ