図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 22席
閲覧席数 22席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、利用カードと一緒にカウンターに請求してください。
  • 閉架資料を利用する際には、利用カードが必要となります。「利用申込書」を記入し、カウンターにお出しください。利用カードを発行しますので、次回閉架資料をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1日に最大15冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロ・2色コピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。


図書室からのお知らせ

夏休みワークシートにチャレンジ!

【夏休みワークシートにチャレンジ!】

4階図書室では、夏休み期間中、子どもたち向けのイベントを開催しています。
小・中学生はどなたでも参加できますので、ご参加ください!

★ワークシート(9種類)に挑戦してみよう!★
図書室の本を読んで、ワークシートに解答しよう!
完成したら、図書室カウンターに持ってきてね。
参加賞がもらえるよ。
昭和館オリジナルシールをもらって、オリジナルマスクをつくってみよう!

ワークシートの一部を下記リンクよりダウンロードできます。夏休みの宿題や自由研究などに、ぜひご活用ください。解答は昭和館図書室で配布しています。出力したワークシートをお持ちください。

★昭和館夏休みワークシート 調べてみよう! 戦中・戦後のくらし★


【「夏休み宿題・研究用図書リスト」を活用しよう!】

当館図書室の児童書架にある、小・中学生向きの図書リストです。
下記リンクよりダウンロードして、夏休みの宿題や自由研究などに、
ぜひご活用ください。


図書室からのお知らせポスター

【図書室からのお知らせ】

7月6日から変更になります。

①来館者端末が増えました。
②閉架書庫内資料の1日の貸出冊数を15冊へ変更します。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 寺内タケシさん(関連書籍)

【追悼 寺内タケシさん】

4階図書室では寺内タケシさんの本を紹介しています。
昭和14年(1939)、茨城にある海軍御用達の電器屋に生まれます。
子どもの頃から音楽に興味を持ち、大学在学中にプロ活動を開始。昭和37年(1962)に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成しました。
その後、エレキギターの第一人者として活躍し、「エレキの神様」と呼ばれ親しまれました。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 原信夫さん(関連書籍)

【追悼 原信夫さん】

4階図書室では原信夫さんの本を紹介しています。
大正15年(1926)、富山市生まれ。
原さんは昭和18年(1943)、横須賀の海軍軍楽隊に入隊し、アルトサックスを担当しました。巡洋艦・大淀に乗船し、木更津沖で終戦をむかえます。戦後、進駐軍のクラブでジャズのレコードを聴き、演奏法を学びました。昭和26年(1951)にビッグバンド「原信夫とシャープス&フラッツ」を結成し、ジャズ全盛期に屈指の人気を誇りました。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 立花隆さん(関連書籍)

【追悼 立花隆さん】

4階図書室では立花隆さんの本を紹介しています。
昭和15年(1940)、長崎市生まれ。立花さんは教員だった父が赴任していた北京で終戦をむかえます。当時5才の立花さんは、父と母、兄、妹とともに北京から山口県への船の出る天津の港まで、過酷な引揚げを体験しました。本書では、少年時代の思い出をご自身の写真とともにふり返っています。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 藤田紘一郎さん(関連書籍)

【追悼 藤田紘一郎さん】

4階図書室では藤田紘一郎さんの本を紹介しています。
昭和14年(1939)、満州(現・中国東北部)で生まれ、高校卒業後、東京医科歯科大学へ進学。昭和41年(1966)に東京大学伝染病研究所の奄美群島フィラリア調査団に参加したことをきっかけに寄生虫学の道へ進みました。
免疫力低下を防ぐためには、寄生虫や細菌と共存することが大切であると訴え、「寄生虫博士」として知られました。
本書に収録されている対談では、日本人と寄生虫の関わりについて述べています。

詳細はブログでご覧ください。


資料公開コーナー 関連図書紹介「昭和を彩った浪曲家たち」

【資料公開コーナー 関連図書紹介 昭和を彩った浪曲家たち】

4階図書室では、昭和館1階ロビーで展示している、資料公開コーナー「人びとを魅了した浪曲」の関連図書を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


ハングオール資料紹介「東京オリンピック・パラリンピックの本を読んでみよう!」

【ハングオール資料紹介 東京オリンピック・パラリンピックの本を読んでみよう!】

4階図書室では、図書室内のハングオールで「東京オリンピック・パラリンピックの本を読んでみよう!」を紹介しています。
昭和15年(1940)に開催される予定だった幻の東京オリンピックと昭和39年に開催された東京オリンピック・パラリンピックの本をご紹介します。

詳細はブログでご覧ください。


あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料

【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

15 番書架では、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「兵庫県の戦中・戦後」を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 小林亜星さん(関連書籍)

【追悼 小林亜星さん】

4階図書室では小林亜星さんの本を紹介しています。
昭和7年(1932)東京生まれ。終戦時は13歳でした。
戦時中は厳しかった軍人の先生が、戦後学校に現れ、生徒たちにソーセージを売りに来たことで大人に対する価値観が崩れたそうです。
大学卒業後に作曲を学び、CMソング「日立の樹」や、アニメ「ひみつのアッコちゃん」の主題歌を手がけて人気を得ました。また、ドラマ「寺内貫太郎一家」では俳優として出演しました。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 姜徳相さん(関連書籍)

【追悼 姜徳相さん】

4階図書室では姜徳相さんの本を紹介しています。
昭和7年(1932)、現在の韓国・慶尚南道に生まれ、2歳のときに来日しました。
大学院時代から朝鮮史を学び、平成元年(1989)に在日韓国人として初めて国立大学教授となり、一橋大学教授に就任。その後、在日韓人歴史資料館や文化センター・アリランの館長も務めました。
本書には、姜さんが通った東京都立多摩中学校(現・東京都立青山高等学校)での戦時中の体験談が収録されています。

詳細はブログでご覧ください。


(資料紹介)昭和の家計簿

【資料紹介 昭和の家計簿】

4階図書室内の15番書架では、「昭和の家計簿」に関連する資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


(資料紹介)再生への誓い~終戦直後の創刊号雑誌から~

【資料紹介 再生への誓い~終戦直後の創刊号雑誌から~】

4階図書室入り口では、ガラスケース展示「再生への誓い~終戦直後の創刊号雑誌から~」、図書室内低書架上で資料紹介をしています。
終戦直後人々は焼け野原の中から、復興に向けて立ち上がりました。戦争中は押さえられていた知識欲や娯楽を求めて、雑誌が次々に創刊、復刊しました。
昭和館では、昭和20年(1945)9月から21年にかけて刊行された創刊号雑誌を多数所蔵しています。その中から。再生に向けての決意を語る雑誌をガラスケースで展示します。
また、戦後直後に刊行された雑誌175点を含む、昭和期に刊行された雑誌約460点を順次公開していきます。

詳細はブログでご覧ください。


(資料紹介)『戦中派不戦日記』

【資料紹介『戦中派不戦日記』】

昭和館の監修で、山田風太郎の『戦中派不戦日記』がマンガになりました。
4階図書室では、原作本とあわせて紹介しています。
勝田文 『モーニング』連載(月1回)
昭和館の監修で、山田風太郎の『戦中派不戦日記』がマンガになりました。
4階図書室では、原作本とあわせて紹介しています。
勝田文 『モーニング』連載(月1回)

詳細はブログでご覧ください。


資料紹介「渋沢栄一関連資料」

【資料紹介 渋沢栄一関連資料 ~NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公~】

「近代日本経済の父」とよばれる渋沢栄一は、国際親善でも広く活躍しました。昭和2年(1927)には日本国際児童親善会を創立し、「青い目の人形」として知られる日米親善人形の歓迎会を主催しています。
栄一の孫にあたる敬三は日本銀行総裁のほか、終戦後の幣原内閣で大蔵 大臣(現・財務大臣)を務めるかたわら、民俗学者としても活躍しました。

詳細はブログでご覧ください。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

「ぶらりらいぶらりい №244」(2021年5月20日発行)  (PDF:668.09 KB)


おもて面: 検索端末に新しい機能が追加されています!
う ら 面:みすず書房創業75周年~復員帰りの青年が立ち上げた出版社~




先頭へ