図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 22席
閲覧席数 22席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、利用カードと一緒にカウンターに請求してください。
  • 閉架資料を利用する際には、利用カードが必要となります。「利用申込書」を記入し、カウンターにお出しください。利用カードを発行しますので、次回閉架資料をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1日に最大10冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロ・2色コピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。


図書室からのお知らせ


資料紹介 ニッポンのモノづくり(15番書架)

【資料紹介 ニッポンのモノづくり】

15番書架では「ニッポンのモノづくり」に関連する資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 佐江衆一さん関連書籍

【追悼 佐江衆一さん】

昭和9年(1934)、東京市浅草区(現・台東区)生まれ。
高校卒業後、働きながら執筆活動に励み、コピーライターを経て35年に作家デビュー。家族小説や時代小説など多くの作品を生み出し、小学校5年生のときに宮城県へ集団学童疎開した体験をもとに、小説『遙か戦火を離れて』を執筆しました。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 大城立裕さん関連書籍

【追悼 大城立裕さん】

大正14年(1925)沖縄県中城村生まれ。
戦後は高校教師を経て琉球政府の職員となり、公務のかたわら執筆活動を続け、昭和42年(1967)『カクテル・パーティ』で沖縄初となる芥川賞受賞。沖縄の戦争や歴史などをテーマにした、小説や戯曲を数多く手がけました。
『焼け跡の高校教師』は戦後占領下沖縄での自伝的小説です。

詳細はブログでご覧ください。


追悼 井出孫六さん関連書籍

【追悼 井出孫六さん】

昭和6年(1931)長野県臼田町(現・佐久市)生まれ。
大学卒業後、中央公論社に入社し、その後作家に転身。中国残留孤児問題をはじめとする日本の歴史小説やルポルタージュを多数執筆し、直木賞や大佛次郎賞を受賞しました。
本書では、軍国少年として過ごした中学校生活の様子や、終戦直後に進駐軍に出会ったときの心境が語られています。

詳細はブログでご覧ください。


「江利チエミと戦後音楽」(15番書架)

【資料公開コーナー関連展示「江利チエミと戦後音楽」】

4階図書室では、資料公開コーナー関連展示「江利チエミと戦後音楽」を行っています。
江利チエミは、音楽家の父と女優の母のもとに生まれ、歌が大好きな少女に成長します。展示資料では、父とともに進駐軍関係のステージに立ったことをきっかけに、15歳で歌手デビューするまでの様子が紹介されています。

詳細はブログでご覧ください。


写真展関連資料紹介

【写真展関連資料紹介】

図書室では、写真展「東京情景-師岡宏次がみた昭和-」の関連資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


資料紹介『戦中派不戦日記』

【資料紹介『戦中派不戦日記』】

昭和館の監修で、山田風太郎の『戦中派不戦日記』がマンガになりました。
4階図書室では、原作本とあわせて紹介しています。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

「ぶらりらいぶらりぃ No.238」(2020年10月20日発行)  (PDF:523.46 KB)


おもて面:自宅から、「安否問合受付票」「毎日新聞」と書かれた書類を発見した。
     親類の名前と出征年、出征場所が記入してあったが、これはどういう内容で、昭和何年頃のものかを知りたい。
う ら面:戦中・戦後の「身の上相談」




先頭へ