図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 30席
閲覧席数 30席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロコピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。


図書室からのお知らせ

【宿題・研究用図書リストを公開します!】

図書室では毎年、夏休み期間に子どもたち向けの「夏休み宿題・研究用図書リスト」を配布しています。
昨年度に配布した宿題・研究用図書リストを公開します。
下記リンクよりダウンロードして、調べ学習や家庭学習にお役立てください。

令和元年度「夏休み宿題・研究用図書リスト」  (PDF:301.40 KB)

【資料紹介 戦争と読書】

戦中・戦後の読書に関連する図書資料をご紹介します。

詳細はブログでご覧ください。


【資料紹介 戦時中の自粛生活~昭和の雑誌から~】

現在の私達は新コロナウイルス感染拡大防止のため、制約の多い自粛生活を過ごしています。
今から75年前の日本は、昭和12年(1937)から日中戦争、16年から太平洋戦争を始め、20年8月15日に戦争が終わるまで、約9年にもわたる非日常の生活を続けていました。さまざまな自粛、制約や忍耐、命の危険があるくらしでした。このような戦中のくらしの一端を紹介します。

詳細はブログでご覧ください。


【古関裕而関連図書紹介】

NHK朝の連続テレビ小説「エール」主人公のモデル、古関裕而の関連図書をご紹介します。
5階にて開催中の「古関裕而と福島三羽烏」とあわせてご覧ください。

詳細はブログでご覧ください。


【追悼 田畑精一さん】

昭和6年(1931)生まれ。軍国少年だった田畑さんは14歳の時に終戦を迎えました。
絵本作家として『おしいれのぼうけん』などの人気作品を執筆するかたわら、反戦活動にも力を注ぎました。
15番書架では、田畑さんの戦時中の体験談が収録されている『子どもたちへ、今こそ伝える戦争』を紹介しています。ぜひお手にとってお読みください。

詳細はブログでご覧ください。


【資料紹介 ごはんのおとも】

15番書架では、昭和の料理本や台所事情についての資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

15番書架では、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「富山県の戦中・戦後」を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


【写真展関連資料紹介】

図書室では、写真展「東京情景-師岡宏次がみた昭和-」の関連資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください。


【資料紹介 常設展示室(慰霊の旅)関連資料】

6階常設展示室(慰霊の旅)で、出征した男性の安否を親族が問い合わせた受付表が展示されています。
図書室では、出征した人々の帰りを待った家族の戦後に関する資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介 トキワ荘がかえってくる!】

トキワ荘は、手塚治虫や藤子不二雄のふたり、赤塚不二夫などが、青春時代を過ごした場所です。
1982年に解体されましたが、今年3月跡地に近い豊島区立南長崎花咲公園内に原寸大で復元されます。
図書室では関連資料を紹介しています。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『戦中派不戦日記』】

昭和館の監修で、山田風太郎の『戦中派不戦日記』がマンガになりました。
4階図書室では、原作本とあわせて紹介しています。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

「ぶらりらいぶらりぃ No.233」(2020年5月20日発行)  (PDF:539.25 KB)


おもて面:「戦後の紙芝居について調べたい。」
う ら面:「昭和に多かった!流行した子どもの名前」




先頭へ