昭和10年頃から昭和30年頃までの国民生活上の労苦を伝える実物資料を展示しています。(7月27日~29日まで常設展示室の資料交換を行い、実物資料482点中276点を交換しました)

当時のニュース映画や記録映像、写真やレコードなどが閲覧・視聴できます。

戦中・戦後のくらしに関する図書・雑誌・地図などが閲覧できます。

 お知らせ
昭和館の新型コロナウイルス感染防止対策の改定について

図書室ご利用に関するお知らせ(10月16日更新)

10月6日改定の昭和館の新型コロナウイルス感染防止対策の主な変更点について、次のとおりお知らせします。
昭和館では、来館者の皆様の安全確保のため、新型コロナウイルス感染防止対策に万全を期す所存ですので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • ①団体見学(20人以上)の受付について
    • 団体見学は電話予約により100名以内で受け付けます。詳細は当ホームページの「団体見学のご案内」より「ご予約方法」をご覧ください。

  • ②検温方法の変更について
    • これまでの個々に検温するハンディタイプの非接触式電子温度計から、複数の入場者の体温の同時検知が短時間で行えるサーモグラフィによる検温を行います。

  • ③人が密集しない十分な間隔の確保について
    • これまでの間隔の目安2mから1mに変更して、目印となるドットを床面に貼付しますので、見学、整列時等の目安としてください。

  • ④研修室の利用について
    • 団体見学者に対する事前説明会場として使用します。
    • 団体見学者の昼食会場として提供します。 団体見学の予約時に受け付けますが、当面の間、感染防止対策を徹底した上で利用時間を11時、12時、13時の各30分間に限定します。 なお、13時から13時半までの昼食会場の提供を考慮して、これまでの午前の入館時間の終了、一斉清掃等開始時間をそれぞれ30分繰り下げます。詳細は、入館時間のご案内をご覧ください。
    • 語り部定期講話会の開催 椅子(48席)の配置により語り部定期講話会を開催します。

  • ⑤紙芝居定期上演会について
    • 紙芝居定期上演会については、11月から再開する方向で準備を進めますが、10月の感染状況を加味しながら慎重に判断します。

ご来館に際しては、次の事項について確認の上、ご来館いただきますようご案内いたします。

 常設展示室 休室のお知らせ
休室日:令和3年1月5日(火)~ 1月15日(金)
リニューアルに伴い、上記日程の間、7階・6階の常設展示室は、休室いたします。1階、4階図書室、5階映像音響室は平常通りご利用いただけます。
 戦後75年特別企画写真展「東京情景-師岡宏次がみた昭和-」
昭和館2階ひろば(屋外)におきまして、7月18日(土)から戦後 75 年特別企画写真展「東京情景-師岡宏次がみた昭和-」第2期「焼けあとからの出発」を開催しております。

詳細はこちら
  特別企画展「SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~」
特別企画展「SF・冒険・レトロフューチャー~ぼくたちの夢とあこがれ~」は新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、開催中止となりました。図録の販売は来館もしくは郵送にて承っております。

 「語り部」育成事業
昭和館では、国民が体験した戦中・戦後のくらしの上での様々な労苦を後世に語り継いでいく、戦後世代の伝承者「語り部」の育成事業を実施しています。
※研修生の募集は終了しています。
活動について
 「次世代の語り部」講話
戦中・戦後の労苦を伝える、戦後生まれの人々による「次世代の語り部」の講話活動がはじまります。
詳細はこちら
2020年11月27日 図書室からのお知らせ、「語り部」育成事業、「次世代の語り部」講話、総合案内・資料公開コーナー・ニュースシアター(1F)を更新
2020年11月13日 図書室からのお知らせ、「ぶらりらいぶらりぃ」バックナンバー(このような資料があります!)、総合案内・ニュースシアター、「語り部」育成事業、「次世代の語り部」講話、関連施設(九州・沖縄)、来館小・中学校一覧を更新。
昭和館ブログ
昭和館キッズナビ 資料貸出のご案内
昭和館紹介映像
「伝えたい、戦中・戦後のくらし」
~行ってみたい・見てみたい・調べてみたい~
先頭へ