図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 30席
閲覧席数 30席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、カウンター前の記帳台で「利用申込書」を記入し、「請求票」と一緒にカウンターに請求してください。利用カードを発行しますので、次回閉架図書をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1度に10冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロコピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。

図書室からのお知らせ

【学徒出陣75年~開架本からのご紹介~】

図書室内の15番書架では、「学徒出陣75年」の関連資料を紹介しています。
ご自由にお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【手塚治虫 生誕90年】

今年11月3日に生誕90年を迎えた手塚治虫。
図書室では、関連資料を紹介しています。
ご自由にお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【第4回シベリア抑留記録・文化賞受賞『わが青春の記録』 四國五郎著】

四國さんは広島県三原市生まれの画家で、満州へ出征後シベリアに抑留されます。
収容所で書き続けた日記を隠して持ち帰り、帰国後に画文集を制作します。2014年に89歳で逝去された後、この画文集をご遺族が見つけ、昨年初めて刊行されました。
ぜひお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 長部日出雄さん】

昭和9年(1934)青森県生まれ。
新聞社勤務を経て、テレビ番組の構成やルポルタージュ、映画評論の執筆などに携わりました。
本書は出征した長兄を亡くし、「兄の最期の地を踏んでみたい」とルソン島を訪れた際の記録です。長兄の戦跡に思いを馳せつつ、現地の人々の労苦を偲ぶ気持ちが綴られています。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 下村脩さん】

昭和3年(1928)8月、京都府福知山市生まれ。
緑色蛍光たんぱく質の発見により平成20年(2008)、ノーベル化学賞を受賞しました。
本書では、諫早市にあった海軍の工場で勤労動員の作業中に当時16歳の下村さんが体験した長崎の原爆の様子を、自伝『クラゲに学ぶ ノーベル賞への道』からの抜粋文で載せています。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 土田喜代一さん】

土田さんは太平洋戦争の激戦地・パラオのペリリュー島に出征し、終戦後も戦い続けました。昭和22年4月まで洞窟内で潜伏し、生き延びた34人のうちの一人です。
『証言記録太平洋玉砕戦』では土田さんが洞窟内から脱走した時のことを証言しています。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 佐々淳行さん】

昭和5年(1930)東京麻布生まれ。
警察庁、防衛庁を経て、初代内閣安全保障室長を務めました。
本書では、著者が通っていた南山国民学校の訓導・伊藤信雄先生の生きざまや59人の教え子たちとの交流を中心に、戦時下の子どもたちの生活の様子が綴られています。
ぜひご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【写真展関連図書『占領日記 草の根の女たち』】

占領政策に携わったカルメン・ジョンソン(Carmen Johnson)は、民主主義や女性の地位向上に尽力しました。
焼け跡からの復興や懸命に働く女性たちに触れた日々を、本書に記しています。ぜひお手に取ってご覧ください。
2階ひろばでは、彼女が撮影した写真をご覧いただけます。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『戦争めし 1~3』】

太平洋戦争中の「食」にまつわる思い出が描かれている短編集です。
作者の魚乃目さんは体験者への取材や残された文集・手紙を元にこの作品を描きました。
第2巻の第三話「出兵前夜の善哉」は魚乃目さん自身の祖母の体験を下敷きにされたそうです。
ぜひお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『大家さんと僕』】

お笑い芸人の矢部太郎さんが、87歳の大家さんとの、ほっこりあたたかい交流を描いた実話漫画。
大家さんは戦中・戦後の生活を体験された世代なので、矢部さんとのおしゃべりにも戦争にまつわるエピソードがいくつか登場します。
60ページには、矢部さんが昭和館の常設展示室を見学したときのエピソードが描かれていますので、ぜひご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

ぶらりらいぶらりぃ No.216 2018年10月20日発行  (PDF:243.15 KB)




先頭へ