写真展

Photo Exhibition

写真展「1946 明日へ」

写真展「1946 明日へ」チラシ

ごあいさつ

 昭和館では、所蔵写真を紹介することを目的に毎年写真展を開催しています。今年の秋は『1946 明日へ』と題して、終戦翌年の昭和21年(1946)の出来事や日常の様子を振り返ります。
 昭和20年8月15日、長く続いた戦争は終わりを告げ、6年8か月に及ぶ連合国軍による占領期が始まりました。
 空襲におびえる毎日からは解放されたものの、戦争で家族を亡くし、住む家を失い、食糧不足は深刻さを増し、人びとの生活は困窮を極めました。そんな中で、日本は占領下で初めての新年、昭和21年を迎えたのです。元日には、昭和天皇の「人間宣言」が発せられ、2月からは地方巡幸が始まりました。GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による民主化政策のもとで、女性の参政権が認められ、労働組合が数多く結成されました。教育勅語は廃止され、財閥解体、農地解放が行われ、11月3日には日本国憲法が公布されました。
 また表現の自由を手にした人びとが、窮乏生活への不満から大規模なデモを行うなど、国民生活は大きく変容していきました。
 明日へ向けて再出発した昭和21年の日本をご覧ください。

【会期】

令和3年9月11日(土)~12月19日(日) 

【会場】

昭和館2階ひろば(屋外)

【入場料】

無料

【後援】

千代田区 千代田区教育委員会

「1946 明日へ」チラシ  (PDF:1222.26 KB)

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-1 図書情報部
TEL 03-3222-2574
先頭へ