特別企画展

Special Exhibitions

時代をまとう女性たち(仮称)


開催主旨

 「ファッションは時代を映す鏡」という表現があるように、服装は時代の移り変わりと密接な関係にあります。昭和の激しい社会変化も例外なく、和装から洋装へ、家庭裁縫から既製服へ、特に女性の服装に大きな影響を与えました。
 日中戦争が始まると、政府による国民精神総動員運動と物資不足が原因で服装も統制の対象となりました。終戦後も深刻な物資不足が続き、女性たちはおしゃれを楽しむ余裕はありませんでした。しかし、戦後、占領期にもたらされた新たな文化や女性の地位向上、経済統制が解除されるにしたがって、女性たちは次第に機能的な服装を選ぶようになり、昭和30年頃を境に、都市部では和装と洋装の着用率が逆転します。
 本企画展では、昭和の世相とともに移り変わっていった女性の服装について紹介します。

【主  催】

昭和館(厚生労働省委託事業)

【後  援】

千代田区・千代田区教育委員会

【会  期】

令和5年3月11日(土)~5月7日(日)

【会  場】

昭和館3階 特別企画展会場

【入 場 料】

無料

【開館時間】

10時~13時30分(入館は13時まで)
14時~17時30分(入館は17時まで)
※13時30分~14時の間は館内清掃のため入館できません。

【休 館 日】

毎週月曜日(5月1日は開館)


担当:昭和館学芸部 髙橋
TEL.03-3222-2577
先頭へ