「次世代の語り部」講話

A Storyteller

伝えたい、戦中・戦後の記憶
戦後世代の「次世代の語り部」による講話活動がはじまります。

戦争を体験した人々が高齢になっていくなかで、当時の出来事を聞く機会は、ますます少なくなり、体験談を語り継ぐことが難しくなっています。
戦中・戦後の出来事や人々の思いを語り継いでいくために、昭和館では戦後生まれの「次世代の語り部」による講話活動を実施します。


「次世代の語り部」のご紹介

昭和館の「次世代の語り部」とは?

戦後生まれで、戦争体験はないものの、戦中・戦後の労苦を伝えるため、昭和館で3年間、時代背景についての講義や戦災体験者から体験談をうかがう研修をうけた30代から60代の男女です。

講話の内容

戦中・戦後の体験談を、当時の社会や時代背景とともに、わかりやすく語ります。戦時中の子どもたちについてなど、小・中学生向きの講話もあります。

定期講話会のおしらせ

偶数月の第一日曜日に定期講話会を実施します。

第1回「次世代の語り部」定期講話会

日時:令和元年12月1日(日) 13:00~15:00 頃までの予定
会場:1階 ニュースシアター

先頭へ