「次世代の語り部」講話

A Storyteller

伝えたい、戦中・戦後の記憶
戦後世代の「次世代の語り部」による講話活動がはじまります。

戦争を体験した人々が高齢になっていくなかで、当時の出来事を聞く機会は、ますます少なくなり、体験談を語り継ぐことが難しくなっています。
戦中・戦後の出来事や人々の思いを語り継いでいくために、昭和館では戦後生まれの「次世代の語り部」による講話活動を実施します。


「次世代の語り部」のご紹介

昭和館の「次世代の語り部」とは?

戦後生まれで、戦争体験はないものの、昭和館で3年間、時代背景についての講義や戦災体験者から体験談をうかがう研修をうけ、戦中・戦後の労苦を伝えるための講話活動をしています。

講話の内容

戦中・戦後の体験談を、当時の社会や時代背景とともに、わかりやすく語ります。戦時中の子どもたちについてなど、小・中学生向きの講話もあります。

講話会のおしらせ

偶数月の第1日曜日に定期講話会を実施します。

第7回「次世代の語り部」定期講話会

日時:令和3年8月1日(日) 14:00~16:00 頃までの予定
会場:1階 ニュースシアター
《講話テーマ》

『白米が憧れだった頃 -戦中・戦後の人びとの米への強い思い-』
『ぼくの家にも戦争があった』
『軍国少年の戦中・戦後 ~終戦時13歳の今吉孝天さんの体験を中心として~』

※講話テーマは予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。

「次世代の語り部」昭和館での講話依頼について

昭和館では、学校などの常設展示室見学に合わせて研修室やニュースシアターを利用した「次世代の語り部」講話依頼を受付けます。講話のみでも受け入れています。
団体見学のご予約については別途手続きが必要です。団体見学についてはこちらをご覧ください。
「次世代の語り部」昭和館での講話依頼については下記の<「次世代の語り部」講話申し込み>の資料をご覧ください。

「次世代の語り部」派遣について

昭和館では、学校や公共・民間団体などが用意した会場へ「次世代の語り部」の派遣を実施します。
お申し込みの詳細につきましては、以下の<「次世代の語り部」講話申し込み>の資料をご覧ください。
※1か月半前までにお申し込みいただければ幸いです。

<「次世代の語り部」講話申し込み>

「次世代の語り部」講話派遣のご案内  (PDF:1155.58 KB)
※申し込み前に必ずお読みください
「次世代の語り部」講話派遣申込書(Excel)  (EXCEL:183.07 KB)

「次世代の語り部」講話派遣申込書(PDF)  (PDF:160.03 KB)
先頭へ