図書室(4F)

Library Room in 4th Floor

ご利用案内

閲覧席数 30席
閲覧席数 30席
  • 図書室では、戦中・戦後の国民生活を中心とした文献・資料が集められ、自由に検索、閲覧ができます。所蔵資料については、目次を含む情報がデータベースに入力されており、様々な目的に応じて素早い検索が可能です。
  • 次のような資料を所蔵しています。
    1. 戦中・戦後の国民生活の姿を伝える文献・図書(戦時中に発行された少年少女雑誌や婦人雑誌、戦中・戦後の体験記、地方史、写真集、国定教科書、産業社史など)
    2. 戦争に関する基本的図書(戦記、部隊史、戦争に係わった人物の著作や伝記など)
    3. その他辞典等の補助的図書
図書室のご利用にあたって
  • 資料の館外貸出は行っていません。
  • 資料は書棚に出ているものと、書庫に入っているものがあります(ほとんどの図書が書庫に入っています。)
  • 書棚の資料(開架図書)は、自由に利用できます。
  • 書庫の資料(閉架図書)は、室内の検索端末でご希望の資料を検索して、「請求票」を出力し、カウンター前の記帳台で「利用申込書」を記入し、「請求票」と一緒にカウンターに請求してください。利用カードを発行しますので、次回閉架図書をご利用になる際は、お持ち下さい。なお、図書・雑誌の請求は1度に10冊まで、請求の受付は17時までとなっています。
  • 当室の資料に限り、著作権法の許す範囲内で複写をすることができます(モノクロコピー(B5~A3)1枚10円、カラーコピー(B5~A3)1枚50円)。ただし、資料に「複写禁止」のシールが貼ってあるものは複写できません。
  • 携帯電話の使用は他のお客様のご迷惑となりますので、室内での利用はお断りしています。
  • 室内での飲食はできません。
  • 手荷物については、入口手前のコインロッカーにお預けください。
  • 著作権保護のため、カメラ及び携帯電話等による資料の撮影は固くお断りします。

図書室からのお知らせ

【ハングオール資料紹介 戦争画の世界】

従軍画家や出征兵士等が描いた戦争画に関する資料をご紹介します。
ぜひお手に取ってご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【あなたの出身地は? 昭和館で見られる47都道府県の資料】

15 番書架で、都道府県ごとに、戦中・戦後関連の資料を順次、紹介しています。
現在は、「群馬県の戦中・戦後」をご覧いただけます。

詳細はブログでご覧ください 。


【学徒出陣75年】

図書室内の15番書棚では、「学徒出陣75年」の関連資料を紹介しています。
ご自由にお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『戦争めし 1~3』】

太平洋戦争中の「食」にまつわる思い出が描かれている短編集です。
作者の魚乃目さんは体験者への取材や残された文集・手紙を元にこの作品を描きました。
第2巻の第三話「出兵前夜の善哉」は魚乃目さん自身の祖母の体験を下敷きにされたそうです。
ぜひお手にとって、ご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


【追悼 浜口タカシさん】

浜口さんは昭和6年(1931)に生まれました。戦後、報道写真家として中国残留孤児を中心に、基地周辺や移民、引揚や被爆地などを撮り続けました。
図書室では『二つの祖国』をはじめとする中国残留孤児の記録シリーズや『祖国に生きる』などをご利用いただけます。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『君たちはどう生きるか』】

昭和12 年(1937)の刊行以来、世代を超えて読み継がれてきた、吉野源三郎さん(1899~1981)の児童書が、現在、大きな注目を集めています。
児童文学者である吉野さんは、編集者としても知られ、戦後は雑誌『世界』の初代編集長を務めたほか、「岩波少年文庫」の創設にも尽力しました。
ぜひ、お手にとって、お読みください。

詳細はブログでご覧ください 。


【資料紹介『大家さんと僕』】

お笑い芸人の矢部太郎さんが、87歳の大家さんとの、ほっこりあたたかい交流を描いた実話漫画。
大家さんは戦中・戦後の生活を体験された世代なので、矢部さんとのおしゃべりにも戦争にまつわるエピソードがいくつか登場します。
60ページには、矢部さんが昭和館の常設展示室を見学したときのエピソードが描かれていますので、ぜひご覧ください。

詳細はブログでご覧ください 。


ぶらりらいぶらりぃ

利用者からの質問事項をもとに昭和館図書室の図書を紹介した、利用ガイドペーパー「ぶらりらいぶらりぃ」に掲載されている一部です。(図書室にて、配布しています)

ぶらりらいぶらりぃ No.214 2018年8月20日発行  (PDF:206.93 KB)




先頭へ