総合案内・資料公開コーナー・ニュースシアター(1F)

Information Booth and Open Materials Corner, News-theater in 1st Floor

資料公開コーナー

第67回資料公開コーナー | 第66回資料公開コーナー

昭和館1階ロビーにおいて、映像・写真資料や図書資料の一部を随時紹介しています 。

第67回 「詩と挿絵でたどる子どもの歌」

平成30年1月10日(水)~4月1日(日)

どんぐりころころ どんぶりこ♪ あめあめ ふれふれ かあさんが♪
子どもの頃、童謡を歌い楽しんだ人は少なくないでしょう。
今でもそのメロディーを聞くと、子どもの頃の思い出が浮かんできます。
「童謡」という言葉は、大正7年(1918)創刊の児童雑誌『赤い鳥』で発表され、平成30年(2018)に100周年を迎えます。大正後半から昭和初期に広く歌われ、親しまれましたが、戦争がはじまると下火になってしまいました。戦後に新しい童謡が作られたり、色鮮やかな挿絵が添えられた子ども雑誌で再び紹介されると、隆盛期を迎えました。
こうして童謡は、学校や家庭において大人から子どもへ、時代や世代をこえて歌い継がれてきました。
今回は、児童雑誌に掲載された童謡やその音源を紹介していますので、ぜひ視聴してみて下さい。

『コドモノクニ』第9巻 第10号

『コドモノクニ』第9巻 第10号
(昭和5年10月)東京社
画・武井武雄


『ヨイオトモダチ』第4巻 第9号

『ヨイオトモダチ』第4巻 第9号
(昭和18年9月)日本絵雑誌社
画・川上四郎


展示内容

【1】ポスター・ホームページで使用

(01)『コドモノクニ』第9巻第10号(昭和5年10月)東京社 画・武井武雄

(02)『ヨイオトモダチ』第4巻第9号(昭和18年9月)日本絵雑誌社 画・川上四郎

(03)「歌う子どもたち」(昭和26年3月)東京都世田谷区 アメリカ・フレンズ奉仕団(AFSC)

(04)『一年の学習』第9巻第8号(昭和30年12月)


【2】額展示(額7枚で展示)

(01)『コドモノクニ』第9巻第10号(昭和5年10月)東京社 画・武井武雄

(02)『少年倶楽部』第23巻第12号 附録(昭和11年11月)大日本雄弁会講談社 画・黒崎義介

(03)『ヨイオトモダチ』第4巻第9号(昭和18年9月)日本絵雑誌社 画・川上四郎

(04)『幼稚園ブック』第2巻第10号(昭和25年10月)学習研究社

(05)『幼稚園』第6巻第1号 附録(昭和28年4月)小学館 絵・大日方明

(06)『一年の学習』第9巻第8号(昭和30年12月)学習研究社

(07)「歌う子どもたち」(昭和26年3月)東京都世田谷区 アメリカ・フレンズ奉仕団(AFSC)


【3】ケース展示(ガラスケース3台で展示)

(01)『コドモノクニ』第9巻第10号(昭和5年10月)東京社
「キューピーピーチャン」作・野口雨情 画・深澤省三

(02)『少年倶楽部』第23巻第12号 附録(昭和11年11月)大日本雄弁会講談社
「からたちの花」北原白秋 画・安泰
「叱られて」清水かつら 画・安泰
「婦人従軍歌」加藤義清 画・嶺田弘

(03)『ヨイオトモダチ』第4巻第9号(昭和18年9月)日本絵雑誌社
「ヒカウキ」謡・都築益世 画・初山滋

(04)『幼稚園ブック』第2巻第10号(昭和25年10月)学習研究社
「どんぐりころころ」え・鈴木壽雄

(05)『よいこのくに』第1巻第2号(昭和27年6月)学習研究社
「あめふり」作詞・北原白秋 作曲・中山晋平 え・林よしお

(06)『幼稚園』第7巻第1号(昭和29年4月)小学館
「きしゃぽっぽ」うた・富原薫 しゃしん・浜康雅

(07)『一年の学習』第9巻第8号(昭和30年12月)学習研究社
「たきび」作詞・巽聖歌 作曲・田村虎蔵 え・若菜珪


【04】SPレコード(試聴機)

No. 曲名 歌手(代表者のみ) 作詞者 作曲者
1. キューピーピーちゃん 平井英子 野口雨情 中山晋平
2. からたちの花 伊藤武雄 北原白秋 山田耕筰
3. 叱られて 川田孝子 清水かつら 弘田龍太郎
4. 婦人従軍歌 キング女子愛国合唱団 加藤義清 奥好義
5. どんぐりころころ 伴久美子 青木存義 梁田貞
6. アメフリ 佐々川浩子 北原白秋 中山晋平
7. あの町この町 平井英子 野口雨情 中山晋平
8. 兵隊さんの汽車 斉藤達雄/大久保澄子 富原薫 草川信
9. 汽車ポッポ 川田正子 富原薫 草川信
10. たきび 近藤圭子 巽聖歌 渡辺茂
先頭へ