「語り部」 育成事業 第2期研修生募集

A Storyteller

「語り部」 育成事業 第2期研修生募集

伝えたい、戦中・戦後の記憶 戦後世代の伝承者 「語り部」 育成事業 第2期研修生募集

昭和館は、戦没者遺族、親元を離れ学童疎開した子どもたち、空襲により家や家族を失った人々、海外からの引揚者等、戦中・戦後の国民が体験した労苦を次の世代に伝える国立の施設です。
戦中・戦後を直接体験された方々が高齢となり、当時のことを語り継いでいくことが難しくなっています。
昭和館では、国民が体験した戦中・戦後のくらしの上での様々な労苦を後世に語り継いでいく、戦後世代の伝承者「語り部」の第2期研修生を募集します。


【研修概要】

平成29年10月以降、月1~2回程度研修(日曜を予定)を実施します。
●1年目:当時の体験の聞き取り、語り部としての基礎知識、話法技術等の習得
●2~3年目:語り部講話演習、実習によるスキルアップ
◎研修修了後は、昭和館から委嘱を受けた方には語り部として講話等活動をしていただきます。

【募集対象】

●戦後世代の方で戦中・戦後の記憶を次の世代に伝える意欲がある方
●自費で昭和館に通所できる方(研修に係る交通費等は自己負担となります。)
●募集人員:10人程度

【応募方法】

●応募用紙に必要事項を記入の上、小論文(1,600字程度)を添付し、郵便またはEメールでお送りいただくか、ご持参ください。
●小論文テーマ:「昭和館を通して次の世代に対して何を伝えるべきか」
●応募用紙は以下のリンクからからダウンロードできます。

募集要項 PDF版  (PDF:239.99 KB)
         チラシ PDF版  (PDF:1254.43 KB)

募集要項 word版  (WORD:25.49 KB)

【応募期限】

平成29年8月5日(土)必着

【選考方法】

●応募用紙及び小論文による書面審査と面接により選考します。

〒102‐0074 東京都千代田区九段南1‐6‐1
電話:03‐3222‐2577 FAX:03‐3222‐2575
担当:総務部総務課

somu@showakan.go.jp
先頭へ