これまでの巡回特別企画展

Past Special Exhibitions on Tour

苦難を越えて ~戦中・戦後を生きぬいた子どもたち~ (平成14年度)

この特別企画展は2002年10月21日~30日に仙台、宮城県民会館展示室(アートサロン県民会館)で開催され、好評のうちに終了しました。



昭和館では、常設展示室で十分表せていない「戦中・戦後の国民生活上の労苦」について、視点を絞った特別企画展を年3回実施しております。また地方においても開催してほしいという要望もあり、このたび特別企画展『苦難を越えて—戦中・戦後を生きぬいた子どもたち—』を日本遺族会第一ブロック(北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・福島県・山形県)の協賛をいただき、仙台市において開催する運びとなりました。
本展では、戦中・戦後という厳しい時代を生きぬいてきた子どもたちのたくましさと、その苦難の多かった暮らしを振り返ります。なかでも、先の大戦で父を亡くし、母とともに戦後の混乱した時代を生きぬいてきた戦没者の遺児たちが経験した労苦の姿を、証言を交えて紹介します。

【仙台開催】


【会期】

平成14年10月21日(月)~10月30日(水)
入場無料

【会場】

宮城県民会館展示室
(アートサロン県民会館)
〒980-0803
仙台市青葉区国分町3-3-7
TEL022-223-5591

【交通のご案内】

地下鉄利用:2番線「泉中央方面」乗車。 「勾当台公園駅」下車。
出口「公園2」から徒歩300メートル(所要時間約12分)

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-1 昭和館学芸部
TEL.03-3222-2577 FAX.03-3222-2575
先頭へ