周辺タウンマップ

Surrounding Area Map

昭和館を訪れたら、その周辺にも足を延ばしてみませんか?
昭和館付近には、多くの史跡、また美術館、博物館などがあり、また北の丸公園内は緑が多く散策にはぴったりです。
散策なさる際のご参考にどうぞ。

靖国偕行文庫 遊就館(宝物遺品展示館) 靖国神社 インド大使館 九段坂 大山元帥像 田安門 日本武道館 九段会館 しょうけい館(戦傷病者史料館) 旧千代田区役所跡 吉田茂像 北の丸公園 千鳥ヶ淵戦没者墓苑 千鳥ヶ淵公園 東京国立近代美術館工芸館 科学技術館 東京国立近代美術館 公文書館
千鳥ヶ淵・九段界隈の今昔案内

1.千鳥ヶ淵界隈の移り変わり

千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、先の大戦において海外で亡くなられた戦没者の遺骨を納めるために、昭和28年12月の閣議決定「無名戦没者の墓に関する件」に基づいて、同34年に建設されました。ここに収められている遺骨は、昭和28年以降政府派遣の遺骨収集団が収集したもの、および戦後海外から帰還した部隊等 が持ち帰った戦没者遺骨のうち、遺族に引き渡すことができない遺骨を納めています。(これまでの納骨数は約35万柱)
この千鳥ヶ淵周辺は、皇居を囲むお濠の中で、特に桜の名所として親しまれています。
現在の靖国通りから千鳥ヶ淵緑道に入った所にあるインド大使館近辺から戦没者墓苑までの一帯は、寛政年間(1789~1801)から幕末まで、火除明地 兼薬草園として使われた江戸幕府の御用地でしたが、明治維新から明治9年頃まで政府の官有地となりました。戦没者墓苑の敷地は、東京大学の前身である開成 学校物産地として当時使われていましたが、明治10年代から閑院宮邸、大正末期には賀陽宮邸など、その後宮内大臣官邸として使用され、昭和20年の米軍空 襲により大臣官邸も宮邸も焼失し、墓苑が建設されるまで焼け野原でした。
千鳥ヶ淵は、田安門前の土手築堤によってできた人工湖で、千鳥が翼をひろげた形に似ていることから「千鳥ヶ淵」と名付けられました。また、人工湖千鳥ヶ淵の水面は、牛ヶ淵の水面より約12m高くなっています。

2.牛ヶ淵界隈の移り変わり

昭和館は、戦没者遺族の援護施策の一環として、戦没者遺児・遺族をはじめとする国民が経験した戦中・戦後の国民生活上の労苦を後世代に伝えていくことを目的に、平成11年3月に厚生労働省が建設したものです。
昭和館の敷地は、もと九段会館の駐車場でしたが、それ以前は靖国神社の附属地で(明治36年から同神社の避難地)、江戸時代の安政2年(1855)には この場所に洋学所(のちの蕃所調所)が置かれ、村田蔵六(後の大村益次郎)も勤めていたと言われています。また、この敷地からは貝塚(縄文・弥生式土器時代の遺跡)が発見され、その記念碑「貝塚碑」が残されています。      
隣接する九段会館は、昭和9年に予備役、後備役の軍人の収容訓練施設として在郷軍人会によって建設された軍人会館で、昭和初期に流行した和洋折衷様式を 用いた帝冠洋式の建物です。2年後の2・26事件の時には、ここに戒厳司令部が置かれました。終戦後は連合軍に接収され、米駐留軍の宿舎として使用されま した。昭和32年1月に米駐留軍から返還され、10月には遺族福祉を目的とした「九段会館」が開館しました(現在は営業しておりません)。

3.九段坂上界隈の移り変わり

かつての九段坂は、現在のようななだらかな坂ではなく、もっと急な坂でした。九つの段があり、それぞれに長屋があったといわれています。
九段坂上は、江戸時代には火除地、御用明地騎射馬場として使用されていましたが、明治2年6月、当時の三番町歩兵屯所跡に戊辰戦争の戦没者を祀るための招魂社が創建され、その後明治12年に靖国神社と改称されました。
靖国神社前では明治4年から34年まで競馬が行われていたとのことです。
当時の九段坂は坂が急で、電車を走らせることが困難であったため、明治40年に市ヶ谷駅前から靖国通りを通り、九段坂上で右折して千鳥ヶ淵に至る市街電車が走るようになりました。

4.北の丸公園の移り変わり

北の丸公園は、森林公園として整備された国民公園です。
江戸時代、江戸城の総構が完成したのは、寛永年間(1624~44)三代将軍家光の時代ですが、北の丸には、三男長松(甲府宰相綱重)や春日局(家光の乳母)、天樹院(千姫)、弟の駿河大納言忠長の屋敷などがありました。その後、享保16年(1731)に御三卿の田安家と清水家の屋敷地となり、幕末まで続きました。
明治になると近衛兵の兵営(近衛師団司令部)が置かれ、昭和44年には昭和天皇の還暦を記念して、北の丸公園として整備し、一般に開放されるようになり ました。明治43年に建設されたレンガ造りの近衛師団司令部庁舎は、現在、東京国立近代美術館の分室(工芸部門の工芸館)となっています。

先頭へ