昭和10年頃から昭和30年頃までの国民生活上の労苦を伝える実物資料を展示しています。( 6月27~29日まで常設展示室の資料交換を行い、実物資料638点中219点を交換しました )

当時のニュース映画や記録映像、写真やレコードなどが閲覧・視聴できます。

戦中・戦後のくらしに関する図書・雑誌・地図などが閲覧できます。

 「シベリア抑留を描く Vol.4」(平和祈念展示資料館主催)
平成28年10月4日(火)~10月10日(月)まで、九段生涯学習館において「シベリア抑留を描く Vol.4」(平和祈念展示資料館主催)が開催されます。
 「語り部」育成事業研修生募集
戦後70年余りが経過し、戦中・戦後の労苦を体験された方々が高齢となり、当時のことを語り継いでいくことが難しくなっています。
昭和館では、国民が体験した戦中・戦後のくらしの上での様々な労苦を後世に語り継いでいく、戦後世代の伝承者「語り部」の育成を始めます。

募集人員:10名程度
応募期限:平成28年9月17日(土)必着

今年度の募集は締め切りました。

 写真展
「ララ物資 ~太平洋を渡って差しのべられた救いの手~」を開催します。
展示期間:平成28年9月17日(土)~12月25日(日)
開催場所:昭和館2階ひろば

詳細はこちら

写真展「ララ物資 ~太平洋を渡って差しのべられた救いの手~」
2016年09月27日 ニュースシアター、紙芝居定期上演会、ちょこっと所蔵資料、ぶらりらいぶらりぃ、新着資料の写真を更新
2016年09月06日 ニュースシアター、図書室からのお知らせ、来館小・中学校一覧を更新
昭和館ブログ
先頭へ